オペレーター

POSさえあれば勤怠が楽に行なえるようになる

喫茶店のお店を開く

自分のお店としてカフェを開業するにも、コンセプトや具体的な内容をきちんと決めておく必要があります。また、開業のための資金集めなども行なわなければなりません。特に初めての人は、金融機関から融資を断られる恐れもあるため、市民バンクなども視野に入れておくとよいでしょう。

工数やコスト削減に寄与

オフィス

本部で一括管理する

POSシステムの用途は年々拡大しています。勤怠管理もPOSシステムを利用して行うケースが多くなっているのです。通常の会社においては専用の勤怠管理システムなどを導入して管理しているケースが多くなりますが、販売店などに関しては、勤怠管理システムを独立させることにより工数が多くなります。そのため、POSシステムに一つにまとめた形が採用されているのです。スタッフは出勤時と退勤時に打刻します。この情報はPOSシステムに流れ、本部の人事部門と連動されるようになっています。予定のシフトなどを事前に登録しておくことで勤怠の管理を行う事もできます。そして、勤務情報を元に人件費算出が自動的に行われます。本部の人事データには、時給などの情報が組み込まれているため、費用算出に連動させることが可能になります。これにより店舗ごとの人件費を自動的に管理できるようになります。一番コストが多くなっているのが人件費であることからスタッフ管理はシビアに行う必要があります。しかし店舗のスタッフは、管理するまで手が回らないのが一般的なのです。そのため本部一括で管理することで、管理工数の削減を実現するとともに、適正な人件費の確保をすることができるようになります。近くの店舗であれば、本部から応援支援を行う事もできるなどメリットが大きくなっています。各店舗毎の管理の時代はすでに終わり、本部を通じての一元管理で適正管理を実現させる時代になっています。

お客様にアピールする

アメニティグッズは、ホテルの利用促進、知名度拡大のために利用されています。そのため、利用する側としても、ホテルにアメニティが用意されていると嬉しくなります。また、わざわざ家から持参する必要もなくなるので、便利に感じられるでしょう。

接骨院・整骨院の保険請求

柔道整復師が開業した接骨院や整骨院では、骨折や脱臼・捻挫など怪我の治療に健康保険適用が認められています。レセプトと呼ばれるその保険請求業務は、非常に煩雑で返戻が多くの接骨院・整骨院を悩ませてきました。柔道整復師会ではレセプトチェックを実施して保険請求業務を代行し、接骨院・整骨院をサポートしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加